カテゴリー
塾ブログ

受験生が勉強しても成績が上がらない理由

「夏休み頑張ったんだけどなぁ」
「こんなに頑張ったのに結果が出なくて悔しい」
「受験まで間に合うのかしら?」

そんな不安を抱えている受験生は、この時期少なくないかもしれません。

実は、中学3年生が頑張っても、結果が出ないのには理由があります。

それは、シンプル!答えは、みんなが勉強しているから

みんなが歩いている時にダッシュして走れば、一人だけ飛び抜けることができます。でも、全員がダッシュしている状態では自分が頑張っても、横並び。

中3生が結果が出ない理由。1年間塾に通って上がる偏差値の平均が0.1という統計が出ている理由は、これなのです。

そんな中で、番匠塾の子ども達にいつも話しているのですが『平等に与えられた24時間で違う結果を出したかったら、時間の質、時間の使い方が重要』ということ。

現代の子ども達は、スマホやゲーム・Youtubeなど、私達が子どもの時にはなかった誘惑がたくさんあり、それに勝つのは簡単なことではありません。

しかし、そんな中でもやってる子はやっているし、やらない子はやらない…。高校合格という目標に対して、必要な行動にどれだけ時間を使っているかが勝負のわかれ道なのです。

重要なことに時間をとれていますか?

今の行動は目的を達成することに役に立っていますか?

つい無駄なことや過度な息抜きをしてしまうことってありますが、そうならないように計画を立てることって重要です。朝起きた時、勉強する前、寝る前、自分がやるべきことを確認したり、手帳を見直す行動ができるだけですごい結果がついてきます。

結果はコントロールできないけど、自分の行動はコントロールできます!

これから受験まで自分の時間管理、行動管理、自分で決めた自分との約束を守っていきましょうね。応援しています^ ^

中学2年生はこの秋が大チャンス!中3になる前にできることを増やしていきましょう!

毎月3名様のみ、体験生受付中です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です