カテゴリー
塾ブログ

夏以降、中3生を取らない理由

番匠塾では中学3年生の募集を夏期講習までとさせていただいています。その理由を質問されたので、ここでもお答えさせて頂きます^ ^

中3生の募集を夏期講習で終了する理由、それは、夏休みの勉強が受験に大きな影響を与えることを知っているからです。

もちろん夏休み以降に勉強を頑張って志望校に合格する人はたくさんいます。しかし、塾の立場から言えば、夏の勉強量や毎日関わらせてもらうその信頼関係・影響力は二学期以降入塾する人とは比べ物になりません。

子ども達の伸びは夏を経験する人とそうではない人の差が歴然です。偏差値で言うと平均でも2〜5くらいの差が生まれています。

また番匠塾では「考え方」を重視しています。勉強をただ半ば強制的にやらせるのと、自ら目標を決めて取り組むのでは圧倒的な差が生まれます。そのため勉強はもちろんですが、お子様の勉強する理由や目的、やる気を高める様な工夫をしています。

考え方が変わった生徒は面白い様に伸びていきます。ゲームが大好きで学校から帰ると寝るまでやっていた子が休校期間中に勉強にドハマりして、1年間の予習が終わってしまうような子もいるほどです。

ただ「考え方」が変わり、勉強で結果を出すことは、一朝一夕でできるものではありません。なので責任を持ってお預かりするためにも、夏期講習や夏合宿を通してしっかりと関わった子までとさせて頂いています。

夏期講習はオンラインの授業はもちろん、朝のホームルームや映像授業も受け放題で対面個別指導もしながらしっかりと生活面・学力面をサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です